MENU

第5号 花粉症(2018年度版)

花粉症は、2月中旬~4月末くらいにかけて大量に飛散するスギやヒノキの花粉が原因で起こります。それによって、起こる症状は、くしゃみや鼻水・鼻づまり、目の痒みなど、とても不愉快な症状です。
アルバ調剤薬局グル-プは神戸市内を中心に調剤薬局を展開しておりますが、神戸の街には六甲山系があり、当然この時期になると、花粉症でお悩みの患者は増えてきます。
今回は、花粉が体の中でどのように起こっているのかを見ていきましょう。

1.花粉症が起こる仕組み

 

1-1.アレルギーは免疫異常

私たちの身体は、外敵に対する防御力や抵抗力を備えています。それを免疫力といいます。
免疫のはたらきは、くしゃみや鼻水、鼻づまりとした症状として現れます。つまり、くしゃみによって口からの外敵の侵入を防いだり、鼻水を流して鼻からの侵入を防いだり、あるいは鼻の血管を拡張させて、鼻を塞いでしまおうとします。風邪をひいてもこれらの症状が現れますが、これは風邪の原因ウィルスや細菌に対するごく自然な体の免疫反応です。
しかし、花粉症の場合、花粉を外敵とみなした免疫反応が起こり、しかもそれが極端な症状として現れ、鼻水は滝のように流れ、くしゃみが止めどもなく続き、鼻づまりがひどく…、と大変なことになってしまいます。この極端な症状こそ、花粉に対するアレルギーそのもので、要するに、花粉症は体の免疫反応が異常を起こし、花粉に対して過敏に反応してしまった状態のことなのです。

 

1-2.アレルギー症状の原因はヒスタミン
花粉症患者の場合、花粉を異物と認識するための体の準備がしっかりと整った状態です。
これをもう少し詳しくいうと、花粉に対する抗体IgEが、目や鼻、気管支に存在する肥満細胞の表面で、花粉(抗原)を待っている状態となっています。このような状態で花粉が飛び込んでくると、IgEと花粉が反応し(抗原抗体反応)、それが引き金となって、肥満細胞からヒスタミンや、ロイコトリエンなどの様々なアレルギー物質が分泌されます。このヒスタミンこそ、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどを引き起こすアレルギー物質であり、また、ロイコトリエンは鼻の血管を広げて鼻づまりを誘発するアレルギー物質です。
ちなみに、血液検査でスギやヒノキのアレルギーを調べることが出来るのは、IgEは肥満細胞に付着しているだけでなく、一部が血液中にも漏れ出してしまっていて、この有無を判定しています。

 

1-3.アレルギー症状はいつ発症するの?

このようなアレルギー症状はある日突然起こります。私たちは、花粉症の時期になると、否が応でも、花粉にさらされてしまいます。しかも、花粉にさらされる機会が多くなるほど、花粉に対するIgEが産生される可能性も高まってしまいます。こうして、花粉に対する許容量(花粉に耐えられる量といえるかもしれません)を一度でも超えてしまうと、IgEが出来上がった状態(花粉を待ち構えている状態)となってしまいます。許容量については個人差が大きく、いつこれを超えるかは予測できません。しかし、このようにして一旦抗体が出来てしまうと、多くの場合、この先の人生でも長く付き合っていくことになります。

 

1-4.花粉が多い日、少ない日
花粉の飛散量は、晴れた日には多く、雨の日には少ない傾向です。花粉の飛散量と症状には相関性があり、飛散量が多いほど、症状が強く表れる傾向があります。毎日の天気予報はこまめにチェックするようにしましょう。
さて、今年(2018年)の花粉の予想は?例年並みと予想されています。しかし、厳しい寒さが続いたせいか、花粉の飛散が少し遅れているようです。これは、花粉が一挙に放出する可能性とも考えられますので、油断はできません。

 

2.花粉症の治療

花粉症が起こる仕組みが分かったうえで、これをどのようにして抑えていくか、治療法を見ていきましょう。治療法は、薬物療法、舌下免疫療法、レーザー治療があります。先ずは薬物療法から見ていきましょう。

 

2-1.薬物療法(内服)
薬物療法(飲み薬)について、詳しく触れていきたいと思います。花粉とのアレルギー反応によって放出されるアレルギー物質のヒスタミンやロイコトリエンが、鼻水やくしゃみ、目のかゆみ、鼻づまりの原因です。このようなことから、ヒスタミンやロイコトリエンのはたらきを抑える薬(抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬)が、現在の薬物治療の中心となります。また、肥満細胞からアレルギー物質が放出されないように、肥満細胞の細胞膜を安定化させる作用を併せもつもの(抗アレルギー作用)もあります。現在よく用いられている代表的な抗ヒスタミン薬(第2世代抗ヒスタミン薬)を下表にまとめました。

 

05-hyou1.jpg

次に、抗ヒスタミン薬の副作用について触れたいと思います。抗ヒスタミン薬の副作用で最も注意するべきことの一つに眠気があります。ヒスタミンは、体の各組織(末梢)では鼻水や痒みといったアレルギー症状の原因物質ですが、脳(中枢)でのヒスタミンは、日中の活動的な役割(集中力や覚醒など)に関与しています。本来、抗ヒスタミン薬の役割は、鼻水やくしゃみといったアレルギー症状を抑えることなのですが、薬の一部が脳へ移行すると、脳でのヒスタミンも抑えてしまい、その結果、眠気などが生じると考えられています。眠気は、仕事や家事、車の運転など、社会生活にも大きな影響を及ぼします。第1世代抗ヒスタミン薬といわれる従来の薬に比べると、現在主流になっている第2世代抗ヒスタミン薬は、眠気が随分起こりにくくなってきています。つまり、末梢での選択性が高く、中枢への作用は抑えられるように薬が進化してきています。
薬の添付文章では、眠気に対する注意喚起として、『自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際』について記述されており、3段階のランク付け【従事させない、注意、未記載】がなされています(上表の1番右の列)。これらについて解説すると、『従事させない』というのは「運転をしてはいけない」ことを意味します。そして、『注意』は、眠気で運転に支障が出る場合は控えてくださいというようなニュアンスです。眠気の注意事項の表記が未記載である薬は、いろんな人が試してみた結果、眠気が起こりにくい薬であったことを意味しています。このように、眠気に対する3段階のランク付けは、多くの人に飲んでもらった結果、眠気の起こりやすさの頻度を表したものであって、「未記載だから、服用後に運転をしても全く問題はない」という事を言っているわけではありません。つまり、多くの人には眠気が起こりにくい薬であっても、自分には眠気を感じてしまう可能性はあるという事です。居眠り運転で交通事故の原因とならないように、眠気が起こりにくい薬であっても、慎重に見極める必要はあります。

中枢のヒスタミンを抑えることによる副作用で、眠気には至らずとも、集中力の低下や作業効率の低下などが見られるケースもあり、これを『インペアードパフォーマンス』と呼ばれています。花粉症治療薬を選択する際には、仕事の能率や勉強への集中力などへの影響を考慮することも重要なポイントになるでしょう。 抗ヒスタミン薬には、いくつか種類がありますが、効き目の違いは個々の患者による『合う/合わない』によるところが多いようです。ご自分にとって、効果が高く、副作用の少ないもの、また服用時間帯や回数など、自分のライフサイクルにあったものを選ぶようにしましょう。また、最近は市販でも購入できるものが増えてきました(アレジオン、クラリチン、エバステル、アレグラ)ので、薬局で相談して頂くのも良いでしょう。

 

<鼻づまりの治療薬>
アレルギー症状のうち、鼻づまりはアレルギー物質のロイコトリエンが原因で起こっています(鼻水はヒスタミンが原因です)。鼻閉症状がひどい場合は、抗ロイコトリエン薬が用いられます。抗ロイコトリエン薬は、抗ヒスタミン薬のような眠気が起こることはありません。

05-hyou2.jpg

症状がひどい場合は、ステロイドの内服(リンデロン錠やセレスタミン配合錠など)を治療として用いられることもあります(ステロイドの内服は、医師の指示の下で使用するお薬です)。また、抗ヒスタミン薬で十分に効果が得られない場合や眠気をひどく感じる場合は、漢方薬(小青龍湯など)を検討してみるのもよいでしょう。

 

2-2.薬物療法(外用)
ヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬には、飲み薬だけでなく、点鼻薬や点眼薬にもあります。これらは、目や鼻に直接作用させることが出来るので、飲み薬のような眠気や倦怠感が起こりにくいのが特徴です。
ステロイドの点眼薬や点鼻薬も用いられることがありますが、内服と異なり全身への作用は少ないでしょう。

005-4.jpg005-5.jpg

05-hyou3.jpg



2-3.舌下免疫療法
舌下免疫療法は、花粉に対して過敏な状態から、花粉に徐々に慣らしていくことで、いわば花粉に鈍感な状態にしていく治療法です。舌下免疫療法は、花粉エキスを舌の下に入れて使用します。治療には約2年間を要します。アレルギー物質をわざわざ体に入れるわけなので、アレルギー反応が起こってしまう可能性もあります。
徐々に体に慣らしていく必要がありますので、専門医による治療のスケジュール通り、きちんと続けていくことが非常に重要な治療法です。

 

2-4.レーザー治療
アレルギー症状として現れる鼻症状に対し、鼻の中の粘膜を直接焼きとってしまう治療法です。多くの場合、一生ものの治療というわけでは無いようです。レーザー治療に関しては、専門医にお問い合わせください。

 

3.日常生活上の注意事項

花粉が体内に入ると、それが引き金になってアレルギー症状が引き起こされてしまいます。そのため、花粉が体内に入ってこないようにすることは、とても大きな防御策となります。天気の良い日は、山の中で花粉が大量に飛散し、遠目からでも山が白く霞んで見えることもあります。こうして発生した花粉はとても軽いためにフワフワと浮遊を続け、私たちの生活圏まで届いてきます。この章では、日常生活の注意事項をまとめておこうと思います。

 

3-1.家の中
外出先から家の中に入るときは、必ずドアの外で花粉を払いましょう。玄関内ではまったく意味がありません。人の出入りがあったり、玄関や窓を開け閉めしていると、家の中にはどうしても花粉が入ってきてしまいます。このようなことからこまめに掃除をして、花粉を取り除くことが大切です。しかし、フローリングの床で掃除機をかけると花粉を空中に舞い上げてしまい、逆効果となりますので、フローリングの部分だけでも濡れ雑巾で拭くほうが花粉除去には効果的です。掃除中は、舞い上がった花粉を吸いこまないようにマスクをしておきましょう。
窓の下は花粉のたまりやすい場所です。丁寧にふき取りましょう。網戸の目にも花粉が付着していることがあります。掃除機で吸い込んだり、濡らした雑巾2枚を両面で挟みながら拭きあげましょう。

※空気清浄機の置き場所
空気清浄機は、リビングの入り口や風通しのよい場所に置かないと意味がありません。また、リビングだけでなく寝室などにも加湿器を置いて湿度を60%位に保ちましょう。

 

3-2.外出時
マスクをして、花粉の口や鼻からの侵入を防ぎましょう。マスクにも色々な種類のものがありますが、花粉対策用マスクにすると、一般のマスクに比べて、体に入ってくる花粉の量を半分程度に減らすことができるといわれています。また、眼鏡によって、目からの侵入を防ぐことも大切です。上着もツルツルした素材のポリエステル系(花粉がつきにくく、払い落としやすい)のものを選びましょう。ウ-ルなどの起毛したものは花粉がつきやすいのでアウターとしては控えるほうが無難です。髪の毛にも花粉がくっつきやすいものです。帽子をかぶっておくのも良いでしょう。天気予報で花粉の状況を参考にし、花粉が多い日は、外出を出来るだけ控えるのも、対策のひとつです。

 

3-3.帰宅時

先程も書きましたように、外出先から家の中に入るときは、必ずドアの外で花粉を払いましょう。
※手洗い、うがい、鼻うがい
帰宅時に手洗いやうがいは習慣的にすることをお勧めします。特に、花粉症の季節には「鼻うがい」をすると鼻や喉がスッキリして効果テキメンです。生理食塩水を専用器具に入れ鼻に通すのですが、「あ~」といいながら行うと、鼻から入った生理食塩水が気管支に入るのを防ぐことができるそうです。

 

3-4.食事
食品の中には、アレルギー症状の改善に関連するものもあります。中でも、プロバイオティクスといわれる生きた腸内細菌(ビフィズス菌や乳酸菌)に注目が集まっています。腸内には、体内の免疫反応を担う細胞が、実に体の約7割にも上ることから、腸内環境の改善が免疫反応の正常化に大きく寄与するものと期待されます。実際に、森永乳業の研究によると、ビフィズス菌BB536株によって、花粉症の改善が見出されています。

 

4.まとめ

花粉症は、花粉が飛散する特定の時期に起こるアレルギー症状です。しかし、アレルギー症状の原因となるのはスギやヒノキだけでなく、六甲山には、オオバヤシャブシという植物も生息しており、これが2月~4月頃まで飛散します。さらに、この時期は黄砂やPM2.5が発生することも多く、まさにアレルギーの原因となるものがたくさん飛散する時期です。これらにアレルギーのある方にとっては、非常に憂鬱な時期です。
しかし、花粉は天候によりある程度予測できることから、天気予報などを利用して対策を立てることも重要だと思います。日常の生活においては、アレルギーの原因物質を体に極力入れないようにすること、また、やむを得ず体に入ってきた場合は、アレルギー反応を極力起こさないように、薬を上手に利用することが得策だと思います。薬に関して、「眠気が気になる」、「効き目が不十分」などがございましたら、薬剤師の出番です。なんなりとご相談ください。

初版 2002.02
更新 2018.02

本社アクセスマップ

〒650-0025
神戸市中央区相生町4-7-21
JR神戸駅 徒歩3分


© 2018 アルバ調剤薬局 All rights reserved.