MENU

ホーム > 薬剤師さんへ

薬剤師さんへ

調剤薬局のアルバ薬局グループは、人生の質をワンランクアップできる職場。働きながらスキルアップできる環境が整っています。

アルバ薬局は社員教育研修に力を入れています。

患者様の健康を気遣い、患者様とコミュニケーションを取りながら、日々進化する医療に関する知識も要求される、薬剤師の仕事は、重要な役割を担っています。社内では、薬剤師のスキルアップを目指した、疾患・薬剤テストや、臨床検査の利用に関する勉強会、自社サプリメントの社内講習など、常に最新の情報を社員で共有できる環境を整えています。

 

また、業務効率化の一環として、各店舗に必要と思われる最新の医療機器を積極的に導入しています。効率化を徹底して行う事により、捻出した時間を患者様への服薬指導に充て、薬剤師本来の仕事へと還元しています。

 

神戸を基点に調剤薬局のアルバ調剤薬局グループは、充実した環境と教育制度を整えて、薬剤師が働きやすい職場づくりを常に心掛けています。

アルバ薬局は「充実感のある」職場です!
薬剤師の声集めました。

【インタビュー内容】
  • 行っている業務
  • アルバ薬局ってどんなところですか?
  • 楽しいと感じる時はどんな時ですか?
  • アルバ薬局に入って学んだこと。
  • 患者様から言われて嬉しかった事。
  • 将来の夢
  • これから入社される方へメッセージ
アルバ薬局歴15年
宮下 等
宮下等
アルバ薬局鈴蘭台店 管理薬剤師
趣味:ドライブ、ゴルフ、釣り

行っている業務

アルバ薬局鈴蘭台店で管理薬剤師として勤務しています。アルバ薬局鈴蘭台店では、主に脳神経外科や心療内科の処方せんを応需しており、また患者様宅への在宅訪問も積極的に行っています。さらに、店内には自社サプリメントも販売しており、お飲みいただいた方からご好評を頂いております。その他、社内では薬剤師のスキルアップを担う部門の委員長も務めており、疾患・薬剤テストの作成、臨床検査データの利用に関する勉強会や、自社サプリメントの社内講師などにより、常に最新の情報が全社員に共有できるよう取り組んでいます。

アルバ薬局ってこんなところ。

アルバ薬局では、調剤を効率よく、かつ正確に行うために、各店舗に応じた様々な調剤機器(全自動薬剤払出機『Tiara』や軟膏調剤の『なんこう練太郎』など)を設置しています。また、調剤監査においては、監査支援システム『AUDIT』を全店に設置しており、薬歴管理についても、電子薬歴と音声変換装置を全店で導入し、業務の効率化を図っています。効率化により捻出した時間を患者様への服薬指導に充て、薬剤師本来の仕事へと還元しています。

充実感を得られる職場です。

仕事では、充実感を得られることがあります。 薬局は、一つのチームとして考えることも出来るのですが、事務スタッフと薬剤師が協力して、チーム一丸で患者様に感動を与えられた(と感じた)時は、他では得られないような充実感があります。

アルバ薬局に入って学んだ事。

私はアルバ薬局に入社して15年が経過しました。この間、薬も様々に進化し、当時よく処方されていた薬が、今ではほとんど見かけなくなったものもあります。また、調剤に関する様々な機器も、導入するたびに、効率よく仕事が出来るようになりました。こうして、これらが積み重なった結果、振り返ってみると、当初では考えられないくらいの進化となっていることに気付きます。このように、その時代時代に、自分自身を合わせていくことがとても大切なことだと実感するようになりました。

患者様から言われて嬉しかった事。

患者様にお薬をお渡しして、薬局を出られる時に「お大事に」と声をかけると、こちらを少し振り返って会釈を頂く事があります。とても心地よい気持ちになります。また、患者様と町でお会いした時に声をかけて頂いた時はうれしく思います。「白衣姿しか見たこと無かったけど、普段着はとてもかっこいいね」とうれしいお言葉を頂いたこともあります。

これからの抱負。

何かの病気を治そうとしたとき、いろんな方法が考えられます。薬で治す事、食生活を見直してみる事、運動やリハビリを行ってみる事、カウンセリングを行ってみる事、専門機関を紹介する事…。薬の専門家という事にとらわれず、そのようなことをトータルでサポートできる存在になりたいと思います。そのために、まだまだ勉強を続けていきます。

これからアルバ薬局へ入社される方へ。

一つの事にとらわれず、大きな視野で薬剤師の仕事を考えてみると良いと思います。薬剤師には、処方せん調剤、在宅訪問、健康相談など、幅広い知識や技能が求められています。その中で、一人一人の患者様にとって、より良いサポートが出来るように、皆様と一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。

アルバ薬局歴2年
中田 絵利子
中田 絵利子
アルバ薬局兵庫駅前店 薬剤師

行っている業務

主に調剤業務、監査、投薬、お薬の相談などを行っています。

アルバ薬局ってどんなところですか?

入社時に一番印象的だったのが、音声変換ソフトや調剤監査システム、全自動薬剤払出機などの機械化が進んでいたこと。 中でも調剤監査システムは第二の監査者として薬剤の規格や数量までチェックしてくれるので、過誤やミスを大幅に減らすことができ日々の業務においてとても心強い味方です。 会社の雰囲気としてはアットホームで、自店舗だけでなく他店舗間での横の繋がりも強いというところも入社するにおいて魅力に感じたところです。

患者様とお話しすることが楽しいです。

一年目に比べ患者様とお話しすることが楽しいと感じるようになりました。怪我でしばらく投薬ができない時期があって、投薬に復帰してから仕事後の充実感の違いに気付きました。 プライベートでは、カフェなどで友達とノープランで会って集まることが楽しく、他愛もない会話をすることが息抜きになっています。以前までは、友達と遊ぶ時には、買い物をしたり映画を見たり目的を持って出かけたりすることが多かったのですが、最近はノープランを楽しめるようになりました。

店舗で学ぶことが多いです。

自立というにはまだまだ早いですが、入社前に比べて自分で物事を考えてから行動に移すことができるようになった気がします。配属された店舗の処方箋枚数が比較的多い店舗だったので、初めはうまく動線に乗れずに戸惑った部分もありましたが、そういう店舗だったからこそまずは自分で考えてみるという行動を自然に取れるようになったのではないかと思います。

患者様から小さな変化に気付いてもらえるのが嬉しいです。

月に1回ぐらいの頻度で来局される患者さんに「いつも話を聞いてくれてありがとう。癒されます。」と言われた時はすごく嬉しかったです。 後は名前や顔を覚えていてくれたり、髪の毛を切った時に「髪切ったんやね」と些細な事に気付いてくれたり、ただの薬剤師としてではなく一個人として認識してくださっている事が嬉しかったです。

これからの抱負

薬剤師としてはまだまだ新米で毎日学ぶことも多いです。周りの先輩方の背中を追いながら、「かかりつけ薬局」「かかりつけ薬剤師」としてより患者さんに寄り添えるような薬剤師を目指したいです。

これからアルバ薬局へ入社される方へ

私はもともと自分の生まれ育った地域で働きたいというのを前提に就職活動をしていて、全国展開の薬局を避け、地域に根ざした薬局を探していました。 自分に合った環境で長く働けるように、自分の将来像・こだわりを明確にして夢を持って頑張ってほしいです。

アルバ薬局歴9年
大前 由香利
大前 由香利
アルバ薬局三宮店 薬剤師
趣味:映画・旅行・食べること

行っている業務

アルバ薬局三宮店では、内科・眼科・透析・肛門科・心療内科・耳鼻科など多岐に渡る処方箋を扱っています。薬局で薬をお渡しする事は当然、患者さんの要望によっては処方提案をDrや看護師さんに行い患者さんが薬をより飲みやすくなるように努めています。在宅訪問では残薬状況・服薬状況等をご本人や家族とお話ししケアマネージャーさん等とも連携したチーム医療の中で服薬指導に努めています。

アルバってこんなところ。

若いスタッフが比較的多く、他店舗との連携も密で皆協力しあって仕事をしています。 最新の調剤機器をどんどん導入する事で調剤の効率化安全性の向上に努め、患者さんとの時間を大切にしている薬局です。

仕事とプライベートのメリハリがあります。

仕事では時々他店に応援勤務をしたこともあります。他店に行くと扱う診療科も違い、薬も変わってくるので、新しい知識に触れられることが楽しいと感じます。 プライベートでは、普段職場が固定されている事も有あり、国内外問わず旅行に行き新しい風景や食文化に触れている時が楽しいです。 

アルバ薬局に入って学んだ事。

薬剤師をする前には製薬会社の営業をしていました。外部から薬局を見ていると薬剤師って調剤をする人だと思っていましたが、実際に薬剤師になると、患者さんへの薬の説明が中々難しい事でした。薬剤師の伝え方一つで患者さんが薬を飲んでくれない事もありますし、治療への不信感を招くこともありえます。薬剤師は人を良く観察しコミュニケーション能力を高める事が大切だと学んでいます。

患者様から言われて嬉しかった事。

「先生には相談しにくい事も薬局さんでは話せます。」と言われる事かな? 患者さんはDrには気を使いすぎて中々不安も言い出せない事がある様です。アルバ薬局では患者さんが話しやすい雰囲気作りを心掛けているので、「実はね・・・。」と悩みを打ち明けてくれることもあります。時にはDrとの懸け橋になるなどし、患者さんが不安なく納得して治療を受けて頂ける一助になれているかなと思う時が嬉しいです。

これからの抱負

薬剤師歴も長くなり少々勉強をさぼりがちな今日この頃ですが、この業界は待ってくれません。調剤器具もどんどん新しくなり機械化も進みます。当然新薬も出てきます。置いていかれる事の無いように努めていかなければと思っています。

これから入社される方へメッセージ

薬剤師の仕事は今までは調剤・投薬だけでも大丈夫な時代でしたが、これからは在宅・かかりつけ薬剤師・OTCの販売と仕事の幅がますます増えていきます。薬局外での活躍も増え、患者さんとも今まで以上に関係が深くなると思われます。患者さんの体調が良くなってほしいという思いを持ち、医療の一翼を担っているという自覚を持って一緒に働いていきましょう。

【よくある質問】

調剤薬局のアルバ薬局では、新卒、既卒の薬剤師を募集しています。
新しい環境の中、楽しく、気持ちよくお仕事をしていただけるよう、これまでに薬剤師から要望があったことや、入社前の素朴な疑問などをまとめてみました。
誰でも初めての環境は緊張する物ですが、アルバ薬局らしさを感じて頂けた貴女を、薬剤師一同お待ちしております。

Q.実際にどのような店舗なのか、見学したいのですが、可能でしょうか?
A.ご希望の店舗の見学ができます。
Q.新卒ではありませんが、入社は可能でしょうか?
A.既卒者、中途採用希望者の方でも構いません。知識と経験を活かして、管理薬剤師を目指すことも出来ます。
Q.子供が小さいので、パートで働きたいのですが、大丈夫でしょうか?
A.大丈夫です。アルバ薬局では、結婚を機に離職された方が、また復帰して活躍してくださっています。
Q.勉強する機会はありますか?
A.研修制度がありますので、最新情報や知識を習得することができます。
Q.認定薬剤師を取るための支援は何かありますか?
A.eラーニングによる勉強のサポートをしています。また、認定薬剤師取得時に、手当がつきます。 手当は、更新時の費用に使って頂ければと思い、支給しています。

本社アクセスマップ

〒650-0025
神戸市中央区相生町4-7-21
JR神戸駅 徒歩3分


© 2018 アルバ調剤薬局 All rights reserved.