MENU

ホーム > 教育制度・取り組み

調剤薬局のアルバ薬局グループ 充実の教育制度

人を大切に、持てる力を最大限に発揮して頂けるよう、アルバ薬局グループでは、全社研修、リーダー研修など、スキルアップ研修を実施しています。


研修制度については、年2回の全社研修やメ-カ勉強会(随時)だけでなく、知識向上のための『スキルアップ委員会』、業務の効率化や、過誤ゼロをめざす『業務改善委員会』、患者様にとって居心地のよい店内環境や接遇を目指す『接遇委員会』の委員会制度により、自分達で考え行動することで、患者様により気持ちの良いサービスが提供できるよう、日々取り組んでおります。

薬剤師として現場に立ち、患者様とのコミュニケーションから気付いた点を業務に活かす、アルバ薬局グループのオリジナル委員会活動を行っています。


調剤薬局のアルバ薬局グループでは、現場の薬剤師視点からアイデアや改善提案、スキルアップに繋がる情報を得ることができる、委員会活動を行っています。運営方法は委員会メンバーの発想から生まれるため、メンバーに委ねています。
委員会活動は就業時間内に行われ、店舗間の情報交換や、社内のコミュニケーションにも活用されています。

「スキルアップ委員会」

薬剤師としての専門性をスキルアップするための活動です。


活動例としては、「疾患別のマニュアル」作り。広域処方箋の応需が増えてきた背景から患者ごとに数十ページにも及びマニュアルはスタッフ全員に配布され、日常業務の教科書となっています。
2週間に1回に基礎テストを行い、成績は全員公表。店舗ごとの平均点も出されます。
調剤薬局のアルバ薬局グループの「処方箋豆知識」は各店舗が持ち回りで原稿を作成し、代表がチェックしたものを発行しています。

「接遇委員会」

接遇委員会では、コミュニケーションの専門家に研修と店舗の評価を依頼する一方で、全店舗における患者満足度調査を行い、結果を各店舗へフィードバック。また個別の接遇向上を狙って、人事制度の中に執務態度や人事制度よる研修と、全店舗の患者様満足度調査などを行い、結果を各店舗へフィードバック。


また個別の接遇向上を狙って、人事制度の中に“執務態度”や人事考課表に“患者様へのサービス”の項目が入れられています。
「執務態度(チャレンジシート)の項目は、全スタッフに規律性、協調性、積極性、責任感、患者様、医療機関、来客との接し方で何が大切と思うかを各10個書いてもらい、その回答の中からベスト10を集めたものです。評価は本人と上司が別々に行い、後で付き合わせ、同じであれば評価は決定し、違えば話し合い改善を促します。自己評価は低い人と高い人と差がありますが、その結果は明らかで最初の評価は低くてもほとんどのスタッフが最高点を取れるようになります。

「業務改善委員会」

業務改善委員会が主導して作った仕組みは、すべてのミス・過誤の報告をデータベース化して分析し、現場の業務や調剤の意思を見直すというものです。

報告書は薬剤師、事務ともにミス報告書、過誤報告書の2種類あります。各自が報告書を上げ、一カ月単位でデータベースに入力、これを業務改善委員会が店舗ごとや全店の集計を行い、分析する。つまり、どこでどんなミスが起きやすいか等を分析して各店舗で話し合い、注意を促したり、アクションを起こします。例えばミスの起こる時間帯が薬の発注時間前に多いという事実が分かると、発注のために注意力や時間が削がれていた従来の方法を改め、薬ごとに発注札をつけ、少なくなったら注文箱に入れ、これを事務スタッフがまとめてオンライン発注するという仕組みに変更しました。一方在庫管理も徹底しており、高額商品は1ヶ月ごと、全品は3ヶ月毎の棚卸を行う。そして在庫管理データベースとの商号を行い、合わなければ追求します。これも過誤対策の重要なポイントです。


「薬局で正しく調剤されたものをもらうのは当たり前。絶対守らなければならないことと考えます。また急配は極力避け、卸さんに迷惑をかけないという方針で在庫管理を行っています。

 

スタッフコミュニケーション

一日研修時のランチはコミュニケーションタイム。
みんなで食事をする時間も楽しみのひとつです。

アルバ薬局の取り組み
調剤薬局のアルバ薬局グループでは、過誤をゼロに近づける為に、徹底的なチェックを行っております。

  • 機械と人の
    チェック
  • 二次元
    バーコード
    によるチェック
  • 調剤監査
    システムによる
    在庫チェック
  • 機械でチェック
    画像チェック

教育はアルバ薬局グループの要です。

全社研修

教育専門コンサルタントの指導のもとに、医師・薬剤師・その他講師による講演会、各店鋪間の情報交換やテーマを定めて行なう店鋪ミーティングなど、毎回趣向を凝らした研修を行なっています。

中間管理職・管理職候補の合宿研修

管理職として必要な知識やマネジメント能力を身につけるため、年に1~2回、充分時間のとれる合宿研修を行っています。

専門講師による「接遇セミナー」の実施

新入社員に対しては、社会人としての基本マナーを身につけていただくために、既存社員に対しては各自のレベルに応じ「治療的コミュニケーション」を実践するための研修を定期的に実施しております。

継続的な知識習得システム

SUTS(スキルアップ・トレーニングシステム):アルバオリジナルマニュアルとスキルアップテストにより薬剤師としての知識が自然に身に付いていきます。

新入社員研修システム

3ヶ月・6ヶ月・1年とスケジュールに合わせて、段階的に教育をするシステムです。各段階に応じた目標設定と適切な評価により、着実に力を付けていくことができます。

能力・社員育成を重視した人事制度

能力に応じた目標設定により、働きがいのある人事制度となっています。
人事制度を通じて、その人の能力を最大限に伸ばすと同時に、欠点や弱いところを教育するという安心できる制度になっています。

アルバ薬局グループの人事制度は、安心して働ける環境と将来を約束します。

適正、実力に沿った給与、昇格制度、教育制度、資格取得の支援など、4つの仕組みと7つの制度で、あなたのやる気と頑張りを正しく評価します。

1
やる気・頑張りを正しく評価
目標面接制度
執務態度制度
人事考課制度
2
自分にあったコースを選択
職能資格制度
能力活用制度
3
実力に沿った給与
処遇制度
(月例給与・賞与)
4
教育の充実
育成制度
(資格取得の支援)

本社アクセスマップ

〒650-0025
神戸市中央区相生町4-7-21
JR神戸駅 徒歩3分

bana_twitter2.jpg


© 2018 アルバ調剤薬局 All rights reserved.